債権回収に強い弁護士事務所

事務所名  :代表者名

東京東日本西日本

 あすなろ法律事務所
 山枡 幸文


 あすなろ法律事務所 (東京都)
 山枡 幸文

 坂本裕之法律事務所 (神奈川県)
 坂本 裕之


 あすなろ法律事務所 (東京都)
 山枡 幸文

当サイト掲載の弁護士事務所へ依頼する理由

  回収管理システムの活用

当サイトに掲載中の弁護士事務所は全て債権回収に特化した専門システムを導入しております。
「コンビ二振込票発行管理」「SMS一括請求管理」「自動入金処理」が可能となり
小口(1000円~)債権の大量受任も対応可能です。

  債権回収業務の経験豊富な弁護士と専任スタッフが対応

当サイトに掲載している弁護士事務所は債権回収業務の経験豊富な弁護士債権回収専任スタッフが対応します。蓄積された債権回収業務ノウハウと債権回収専門の業務システムを利用した効率的な回収業務により一般的な弁護士事務所に依頼するより効果的な債権回収が実現できます。

  着手金無料の弁護士事務所

売掛金の回収について、当サイトに掲載している弁護士事務所では、実際に未収金が入金になって、はじめて報酬をお支払いいただく、完全成功報酬制です。『着手金0』、『諸費用0』の完全成功報酬制ですので費用の負担を気にせずにご依頼ください。一般的な法律事務所に債権回収を依頼した場合、回収できるか分からない段階で着手金が発生し、さらに請求に関わる諸経費や成功報酬が必要になります。

◆ご利用されている方

個人の方
・貸金の請求

知人にお金を貸したが、返ってこない。

・離婚の慰謝料請求

浮気相手に慰謝料の請求をしたい。

・離婚の養育費請求

離婚の養育費を元旦那に請求したい。

・家賃の請求

家賃を滞納している賃借人に家賃を請求したい。

・運用資金の返還請求

資産運用会社に資金を預けたが、返金に応じてくれない。

詳しくはこちらへ

法人の方
・医療費の請求

病院経営で医療費未払いが多い。

・通販代金の請求

ネット通販会社経営で未払い顧客に困っている。

・工事代金の請求

工事代金の未払いが経営を圧迫している。

・レンタル代金の請求

商品の返却もなく,利用料未払いに困っている。

・売掛金の請求

売掛先が商品代金を支払ってくれなくて困っている。

詳しくはこちらへ

◆取扱債権について

「債権金額」:単価1000円~
「債権件数」:それぞれの法律事務所により異なります。数万件単位の大量受託も可能です。

 ※ 下記債権等も含まれます。
・回収コストに見合わない債権(試供品1000円等) ・時効到来債権
・償却(貸し倒れ)済み債権 ・一定期間支払いが無い債権・債務者行方不明債権

債権対象外の債権

時効の援用をしているものや自己破産で免責された債権については除かれます。
ご依頼主様の提供されたサービスや商品について不満があり、支払いそのものに紛争性がある債権については、個別にケース毎の対応が必要になる場合があります。

◆基本料金表

ご相談 ¥0
着手金 ¥0
諸経費 ¥0
成功報酬 実回収額の20%~

諸経費:法的手続きについては別途費用が掛かります。
成功報酬:依頼時に実回収額に対する成功報酬率で計算します。
成功報酬率は、未収日数、受託金額、受託件数に応じ、各事務所規定の報酬率表よりご提案します。

 債権回収を弁護士に依頼するメリット

  心理的プレッシャーによる効果的な債権回収

自分で請求するのとあらゆる法的手続きが可能な弁護士が代理人として請求するのでは、心理的プレッシャーが異なるため、弁護士名義の請求書で債務者が弁済に応じるケースも数多くあります。今まで回収できなかった債権も弁護士名義の請求書や督促状による通知を行うことによって債務者の支払いを促します。

  労働時間と人件費の削減

債権回収には時間と手間がかかります。未収金を放置すると次から次へと不良債権が積み重なり、未収金を督促するためのスタッフを雇用しなければならないような事態にもなりかねません。
弁護士事務所に依頼することは、時間の有効活用と人件費の削減にも繋がってきます。

  迅速且つ効率的な債権回収

請求先の企業や個人が債務超過のときは、債権回収は時間との戦いになります。
受任と同時に弁護士名義による請求書で通知することで、スムーズに債権回収に着手することができます。
他の債権者に先を越されないよう、迅速且つ効率的な債権回収を試みることが出来ます。

債権回収の基礎知識

支払い能力がある債務者の回収方法

無資力者からの回収方法

債権回収に関する最新記事

債権回収に関する人気記事

  1. 無資力者からの債権回収方法

    無資力者からの債権回収方法

  2. 支払能力がある債務者の回収方法

    支払能力がある債務者の回収方法

  3. 債権回収を弁護士に依頼するタイミング

    債権回収を弁護士に依頼するタイミング

  4. 仮差押え

    仮差押え

  5. 債権回収を確実にする3つの予防法務

    債権回収を確実にする3つの予防法務

投稿日:

Copyright© 債権回収に強い弁護士事務所 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.