随伴性 ずいはんせい

随伴性とは、担保権の設定によって担保目的物に生じる、被担保債権との関連性のことを言います。

例えば、土地に貸金を担保するための抵当権を設定した場合、その土地は抵当権付きの土地であると理解されます。そのため、抵当権が設定された土地が、抵当権を残したまま他人に売却された場合、土地の新たな所有者は抵当権の設定と何ら関係がないものの、土地について抵当権が設定されることを受け入れなければなりません。

このように、担保目的物について担保権を設定した場合、担保目的物の所有者が変わっても、担保権が抹消されない限り、担保目的物に担保権が付着してまわることを言います。

※ 法律用語集へ戻る

 

債権回収に関する最新記事

債権回収に関する人気記事

  1. 仮差押

    仮差押

  2. 医療機関での診療報酬の未払いについて

    医療機関での診療報酬の未払いについて

  3. 支払督促手続き

    支払督促手続き

  4. 差し押さえ(強制執行)

    差し押さえ(強制執行)

  5. 債権回収を確実にする3つの予防法務

    債権回収を確実にする3つの予防法務

投稿日:

Copyright© 債権回収に強い弁護士事務所|あすなろ法律事務所 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.