管理行為 かんりこうい

特定の物を、複数人で共有している場合その共有物に関して行える行為のうち、共有持分の過半数の賛成によって行える行為のことを管理行為と言います。この管理行為は、主に不動産の共有場面で行われ、管理行為によって当該共有物を利用改良することができます。もっとも、管理行為によって発生した収益や、管理行のために拠出した費用は共有者のものとなるため、その点について注意が必要となります。

どのような行為が管理行為にあたるのか、複雑で判断が難しい場合は、共有者間でトラブルが生じないよう、あらかじめ弁護士に相談してアドバイスを受けることも重要です。

※ 法律用語集へ戻る

債権回収に関する最新記事

債権回収に関する人気記事

まだデータがありません。

投稿日:

Copyright© 債権回収に強い弁護士事務所|あすなろ法律事務所 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.