違約金 いやくきん

違約金とは、当事者間で交わした契約を当事者の一方が違反したりした場合に、発生した損害を賠償する代わりに設定する金銭のことを言います。

契約の不履行に基づく損害が発生した場合は、民法上当然に損害賠償請求ができるとされています。(民法415条)もっとも、この場合どれほどの額が損害として発生したのかについての計算と、その発生した損害のうち、相手方の過失割合はいくらなのかという複雑な計算についても、損害賠償請求を主張する側が立証する必要があるため、大変な労力となります。それに対し、あらかじめ損害賠償の予定額としての違約金を設定していれば、このような詳細な計算や立証が必要でなくなるため、契約違反時の対応が極めてスムーズとなります。もっとも、どのような額を違約金として設定するかについては相場観を要するものですから、債権回収に詳しい弁護士に相談することが必要とされます。

※ 法律用語集へ戻る

債権回収に関する最新記事

債権回収に関する人気記事

  1. 仮差押

    仮差押

  2. 医療機関での診療報酬の未払いについて

    医療機関での診療報酬の未払いについて

  3. 支払督促手続き

    支払督促手続き

  4. 差し押さえ(強制執行)

    差し押さえ(強制執行)

  5. 債権回収を確実にする3つの予防法務

    債権回収を確実にする3つの予防法務

投稿日:

Copyright© 債権回収に強い弁護士事務所|あすなろ法律事務所 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.