仮登記担保 かりとうきたんぽ

仮登記担保とは、債権を担保するために債務者の財産について、仮に債務者が履行すべき債務を履行しない場合は、その財産の所有権を債権者に移転させることを予め定め、そのことを仮登記の形で明示することを指します。
例えば、お金を貸す際に、もし借り主がお金を返さない場合、借り主の所有している土地を貸し主の所有物とすることで、債務を履行したこととする、いわゆる代物弁済予約を当事者間で定めたような場合、それを明示するために仮登記担保の方法がとられます。

※ 法律用語集へ戻る。

債権回収に関する最新記事

債権回収に関する人気記事

  1. 仮差押

    仮差押

  2. 医療機関での診療報酬の未払いについて

    医療機関での診療報酬の未払いについて

  3. 支払督促手続き

    支払督促手続き

  4. 差し押さえ(強制執行)

    差し押さえ(強制執行)

  5. 債権回収を確実にする3つの予防法務

    債権回収を確実にする3つの予防法務

投稿日:

Copyright© 債権回収に強い弁護士事務所|あすなろ法律事務所 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.