債権譲渡 さいけんじょうと

債権譲渡(民法466条1項本文)とは、文字通り債権を他人へ譲り渡すものになります。金銭債権の場合は、債務者が債権者に金銭を支払うという内容のものになりますが、債権譲渡がなされることによって、債務者は今までの債権者とは異なる、債権譲渡を受けた債権者に対して金銭を支払う必要が生じることになります。

このように、債権は譲渡ができるという特性を有しているため、代金支払の代わりに同じ額の債権を渡すといった取引もなされています。

※ 法律用語集へ戻る。

債権回収に関する最新記事

債権回収に関する人気記事

  1. 仮差押

    仮差押

  2. 医療機関での診療報酬の未払いについて

    医療機関での診療報酬の未払いについて

  3. 支払督促手続き

    支払督促手続き

  4. 差し押さえ(強制執行)

    差し押さえ(強制執行)

  5. 債権回収を確実にする3つの予防法務

    債権回収を確実にする3つの予防法務

投稿日:

Copyright© 債権回収に強い弁護士事務所|あすなろ法律事務所 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.