債務名義 さいむめいぎ

債務名義とは、強制執行を開始するのに必要な、債権者の具体的な権利内容であって、強制執行によって保全すべき性質を備えたものを文書で示したものです。(民事執行法22条)具体的には、①確定判決②和解調書③調停調書④認諾調書⑤仮執行宣言付支払督促等がそれに当てはまります。債務名義を保有しているかどうかが、当事者間で任意に契約義務の履行を実現できない場合に上手く紛争を解決できるかどうかの始点となります。そのため、予め債務名義について迅速に獲得できるよう、当事者間で作成する契約書を執行証書(強制執行認諾文言付公正証書)の形式で残しておくことが安全といえます。

※ 法律用語集へ戻る。

債権回収に関する最新記事

債権回収に関する人気記事

  1. 仮差押

    仮差押

  2. 医療機関での診療報酬の未払いについて

    医療機関での診療報酬の未払いについて

  3. 支払督促手続き

    支払督促手続き

  4. 差し押さえ(強制執行)

    差し押さえ(強制執行)

  5. 債権回収を確実にする3つの予防法務

    債権回収を確実にする3つの予防法務

投稿日:

Copyright© 債権回収に強い弁護士事務所|あすなろ法律事務所 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.