執行文 しっこうぶん

執行文とは、強制執行を実行するにあたって、必要な請求権が存在することを明らかにする文言で、裁判所書記官が付与するものです。裁判所で勝訴し、自身の請求権が認められたとしても、それだけでは強制執行をすることができず、判決文に執行文を付与してもらってはじめて強制執行が可能になります。

これは、請求権があるかどうかについて判断する裁判所(受訴裁判所)と請求権を実現するための執行手続を行う裁判所(執行裁判所)が別となっているため、この二つの裁判所の橋渡しとして執行文が必要になることが理由となります。

※ 法律用語集へ戻る。

債権回収に関する最新記事

債権回収に関する人気記事

  1. 仮差押

    仮差押

  2. 医療機関での診療報酬の未払いについて

    医療機関での診療報酬の未払いについて

  3. 支払督促手続き

    支払督促手続き

  4. 差し押さえ(強制執行)

    差し押さえ(強制執行)

  5. 債権回収を確実にする3つの予防法務

    債権回収を確実にする3つの予防法務

投稿日:

Copyright© 債権回収に強い弁護士事務所|あすなろ法律事務所 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.