相続財産法人 そうぞくざいさんほうじん

相続は相続人がいなければ始まりませんが、相続人が不明の場合、または相続人全員が相続放棄をすることによって事実上相続人がいない状態になった場合、被相続人の財産の管理と清算が必要になります。

そのために、相続財産の管理と清算を行うための法人を便宜的に作成し、債権者に対する清算が行われるようになります。これを相続財産法人と言います。この場合、債権回収を行うにあたって、各債権者は債権額の按分を基本としながら、その他諸般の事情を加味して回収できる額が決定されます。この相続財産の清算手続きは専門的な部分が多いため、弁護士を通じて介入することが必要といえます。

※ 法律用語集へ戻る。

債権回収に関する最新記事

債権回収に関する人気記事

  1. 仮差押

    仮差押

  2. 医療機関での診療報酬の未払いについて

    医療機関での診療報酬の未払いについて

  3. 支払督促手続き

    支払督促手続き

  4. 差し押さえ(強制執行)

    差し押さえ(強制執行)

  5. 債権回収を確実にする3つの予防法務

    債権回収を確実にする3つの予防法務

投稿日:

Copyright© 債権回収に強い弁護士事務所|あすなろ法律事務所 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.