根抵当権 ねていとうけん

根抵当権とは、ある一定の不特定債務について極度額の範囲内で担保することを定める形式の抵当権です。

本来、抵当権は契約に基づき債務が発生するたびに設定されるものですが、それでは不便な場面が生じます。例えば、定期的な売買契約を締結しているような場合、売買契約を締結するたびに抵当権を設定するのは煩雑と言えます。しかし、根抵当権を設定することにより、極度額の範囲内であれば、各売買契約で発生する債務は自動的に担保の対象となるます。このように継続的契約を締結する場合は、根抵当権を設定する方が、債権回収を迅速に行うにあたっては有用と言えます。

もっとも、根抵当権の場合も、通常の抵当権と同様、抵当目的物に対して登記を設定することが必要です。

※ 法律用語集へ戻る。

債権回収に関する最新記事

債権回収に関する人気記事

  1. 仮差押

    仮差押

  2. 医療機関での診療報酬の未払いについて

    医療機関での診療報酬の未払いについて

  3. 支払督促手続き

    支払督促手続き

  4. 差し押さえ(強制執行)

    差し押さえ(強制執行)

  5. 債権回収を確実にする3つの予防法務

    債権回収を確実にする3つの予防法務

投稿日:

Copyright© 債権回収に強い弁護士事務所|あすなろ法律事務所 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.