付従性 ふじゅうせい

付従性とは、保証債務や抵当権などの担保義務の存在が、担保すべき主債務の存在と接合した関係にあることを指すものです。保証債務にしても、抵当権についても、それ単独では成り立ち得ず、いずれも担保する主債務が存在することを前提としています。例えば、100万円の貸金返還債務について保証契約を締結するような場合です。この場合、保証契約は100万円の貸金返還債務の上に成り立っているものと言えます。

このように、保証債務や抵当権が、主債務の存在を前提にする以上、前提である主債務が消滅した場合は、主債務の上に成り立つ担保義務についても消滅するという結論が導けます。これが付従性の効果と言われるものです。

※ 法律用語集へ戻る。

債権回収に関する最新記事

債権回収に関する人気記事

まだデータがありません。

投稿日:

Copyright© 債権回収に強い弁護士事務所|あすなろ法律事務所 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.