無記名債権 むきめいさいけん

無記名債権とは、債権の存在を示す証券上に債権者の記載がなく、どんな人でも債権者として債権行使できるものを無記名債権といいます。

本来、契約に基づいて債権債務関係が構築される場合は、特定の人しか債権者になれません。売買契約を締結した場合、代金債権を行使できるのは売り手だけなのが通常です。

もっとも、この無記名債権は誰でも行使できるという意味で流通性の高い債権と言えます。こそしてこの無記名債権は、呼び名を変えつつ日常のいたるところで確認することができます。例えば、商品券や割引券などは無記名債権の典型と言えます。

※ 法律用語集へ戻る。

債権回収に関する最新記事

債権回収に関する人気記事

まだデータがありません。

投稿日:

Copyright© 債権回収に強い弁護士事務所|あすなろ法律事務所 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.