連帯債務 れんたいさいむ

連帯債務とは、複数人の債務者が同一内容の債務について、各個が独立して責任を負う債務のことをいいます。本来、複数人の債務者がいる場合、各債務者は自分の負担分の債務しか負わないのが原則ですが、連帯保証関係にある債務者においては、たの債務者の債務についても負担する必要があります。たとえば、連帯債務として100万円の債務を二人の債務者が負担しているような場合、各債務者はそれぞれ100万円の債務を負担することになります。そして、債務を履行した債務者が、自己の負担分を超える債務額について他の債権者に対して求償を求めることになります。これは、債務者間の関係が密接であることと、債権者にできるだ簡潔に債権回収をさせるべき要請があるためです。

そのため、債権者は債権回収するにあたり、各債務者に対して債務の満額を請求できるということを記憶しておく必要があります。

※ 法律用語集へ戻る。

債権回収に関する最新記事

債権回収に関する人気記事

  1. 仮差押

    仮差押

  2. 医療機関での診療報酬の未払いについて

    医療機関での診療報酬の未払いについて

  3. 支払督促手続き

    支払督促手続き

  4. 差し押さえ(強制執行)

    差し押さえ(強制執行)

  5. 債権回収を確実にする3つの予防法務

    債権回収を確実にする3つの予防法務

投稿日:

Copyright© 債権回収に強い弁護士事務所|あすなろ法律事務所 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.