債権回収に強い弁護士事務所|あすなろ法律事務所

メール電話LINE



債権の回収は「スピードが命」です。お電話・メール・LINEでお気軽にご相談ください。
今すぐお電話ください!!「0120580261」
当事務所から請求書が届いたお客様のお支払相談窓口「0362733077」


QRコードを読み込み、LINEアプリで開いてください。LINEで今すぐご相談ください。

着手金0円・完全成功報酬制をご利用できない方
  • 口約束の債権
  • 個人間の金銭トラブル
  • 証拠がない債権
  • 裁判手続が必要な債権

「効果的」「効率的」な債権回収業務

  回収管理システムの活用

当事務所では、債権回収専用の管理システムを活用しております。
・「コンビ二振込票発行管理」
請求書・督促状にコンビニ振込票を同封します。
・「SMS/Eメール一括督促」
債務者の携帯番号情報・Eメール情報がある場合、督促文面をクラウド管理画面より一括送付します。
・「自動入金処理」
銀行・コンビニ振込による入金を自動CSVファイル取込により、入金情報をシステムに同期させます。

これらの業務を債権回収専用のシステムで管理し、「効率的」・「効果的」な債権回収業務を行っております。
小口債権の大量受任も対応可能

  債権回収業務の経験豊富な弁護士と専任スタッフが対応

当事務所では債権回収業務の経験豊富な弁護士と督促の専門的な研修を受けた債権回収専任スタッフが対応します。

蓄積された債権回収業務ノウハウと債権回収専門の業務システムを利用した効率的な回収業務により一般的な弁護士事務所に依頼するより効果的な債権回収が実現できます。

  着手金無料の弁護士事務所

売掛金の回収など事業から発生する未収債権の回収について、当事務所では、実際に未収金が入金になって、はじめて報酬をお支払いいただく、完全成功報酬制です。

『着手金0』、『諸費用0』の完全成功報酬制ですので費用の負担を気にせずにご依頼ください。一般的な法律事務所に債権回収を依頼した場合、回収できるか分からない段階で着手金が発生し、さらに請求に関わる諸経費や成功報酬が必要になります。

※個人間での単独の債権については相談料・着手金がかかりますので別途ご相談ください。

◆ご利用されている方

法人
・売掛金の請求

売掛先が商品代金を支払ってくれなくて困っている。

・通販代金の請求

ネット通販会社経営で未払い顧客に困っている。

・工事代金の請求

工事代金の未払いが経営を圧迫している。

・レンタル代金の請求

商品の返却もなく,利用料未払いに困っている。

・医療費の請求

病院経営で医療費未払いが多い。

個人
個別の事案によって異なりますのでお気軽にご相談ください。
尚、個人間の金銭トラブルについては相談料・着手金がかかりますので別途ご相談ください。

 

◆取扱債権について

「債権金額」:小口(千円単位)から大口債権まで幅広く対応可能です。
「債権件数」件数に上限はありません。

※ 下記債権等も含まれます。
・一定期間支払いが無い債権・債務者行方不明債権
・回収コストに見合わない債権(試供品等) 
・時効到来債権(援用前)

・償却(貸し倒れ)済み債権 

債権対象外の債権

時効の援用をしているものや自己破産で免責された債権については除かれます。
ご依頼主様の提供されたサービスや商品について不満があり、支払いそのものに紛争性がある債権については、個別にケース毎の対応が必要になる場合があります。

◆依頼方法

依頼方法は簡単!!

依頼のしやすさも重要なポイントです。請求対象先情報をメールまたはFAXにてお伝えいただきます。即刻、弁護士名での請求書を発送します。担当者が誰だかわからない場合や経験の浅い担当者の場合、事務連絡がスムーズにできません。クライアント様ごとに経験豊富な事務担当者が割り当てられていますので、円滑な業務の進行が可能になり、突発的な事態に対しても適宜柔軟に対応できます。

◆基本料金表

成功報酬:依頼時に実回収額に対する成功報酬率で計算します。
成功報酬率は、未収日数、受託金額、受託件数に応じ、回収可能性を勘案して各事務所規定の報酬率表よりご提案します。
※裁判手続については別途費用が掛かります。

弁護士報酬表
ご相談 ¥0
着手金 ¥0
諸経費 ¥0
成功報酬 実回収額の20%~

 債権回収を弁護士に依頼するメリット

  心理的プレッシャーによる効果的な債権回収

自分で請求するのとあらゆる法的手続きが可能な弁護士が代理人として請求するのでは、心理的プレッシャーが異なるため、弁護士名義の請求書で債務者が弁済に応じるケースも数多くあります。今まで回収できなかった債権も弁護士名義の請求書や督促状による通知を行うことによって債務者の支払いを促します。

  労働時間と人件費の削減

債権回収には時間と手間がかかります。未収金を放置すると次から次へと不良債権が積み重なり、未収金を督促するためのスタッフを雇用しなければならないような事態にもなりかねません。
弁護士事務所に依頼することは、時間の有効活用と人件費の削減にも繋がってきます。

  迅速且つ効率的な債権回収

請求先の企業や個人が債務超過のときは、債権回収は時間との戦いになります。
受任と同時に弁護士名義による請求書で通知することで、スムーズに債権回収に着手することができます。他の債権者に先を越されないよう、迅速且つ効率的な債権回収を試みることが出来ます。

お客様の声

ブランドイメージを落とすことなく、依頼できますので安心です。|情報通信サービス業

督促業務のやり方によって、自社のブランドイメージが下がってしまうのではないかという点が不安でした。
未収債権の回収率をあげつつ、ブランドイメージは落としたくないという要望に応えてくれるのかが疑問でした。



担当者が決まっているので業務のやり取りがスムーズです。|建設機器レンタル会社

依頼した後すぐに、事務担当者をつけていただきました。
債権回収の経験が豊富な人で、今までの経緯も全て理解してくれていましたし、その方に連絡すれば、イレギュラーなことがあっても柔軟に対応をしていただきました。



弁護士に依頼して本当に良かった。
回収率・回収金額が違う。|通販会社

多数の未収債権の回収業務は、サービサーがプロであるというイメージがあり、弁護士事務所ではどの程度の債権回収をやってくれるのか不安でした。以前、サービサーに回収を依頼していましたが、無視をする債務者が多く、回収率の低さが悩みでした。

お客様の声一覧はこちらへ

当事務所の債権回収業務の取り組み方

基本方針

依頼者の利益を最優先します。
迅速且つ正確に業務に取り組みます。
依頼者のブランドを守ります。
徹底したセキュリティ管理により、個人情報保護に努めます。

債権ごとの回収方針
当事務所では債権ごとにガイドラインを設け、効率的な債権回収を行っております。

支払能力がない
(無職、生活保護者)
一括弁済が難しい債務者に対しては、分割弁済の和解を提案します。
分割入金については、債権回収管理システムにより、徹底した入金報告・期日管理を行います。
支払い意思が無い
(悪質、常習犯)
レンタル会社などの延滞客で多いケースです。法律事務所として厳格な姿勢で臨みます。
悪質・常習性が高い事案については、刑事告訴の対応も検討します。(費用は別途相談)
行方不明
(住所不定、本人死亡)
住所不定は住民票取得による所在地調査、本人死亡は戸籍謄本取得による相続人調査が可能です。
調査手続きに伴う費用については別途相談となります。
時効
(償却済み債権)
債務の承認や一部入金等があった場合は時効中断し請求ができます。
入金交渉で一部でも入金させることを最優先させます。時効の援用がない債権については継続請求します。
報告業務
当事務所では、依頼者様に進捗状況を正確にお伝えする為、丁寧な報告業務を行っております。

報告書類 内容 報告日
受任明細書 受任した債権内容の明細 受任後数日以内
入金報告書 入金となった債権明細 週1回メール報告及び月1回翌月10日までに書面郵送による報告
業務報告書 該当月の業務報告・精算金の返金 月1回翌月10日までに書面郵送による報告、精算金のお振込

対象地域

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

債権回収に関する最新記事

債権回収に関する人気記事

  1. 仮差押

    仮差押

  2. 医療機関での診療報酬の未払いについて

    医療機関での診療報酬の未払いについて

  3. 支払督促手続き

    支払督促手続き

  4. 債権回収を確実にする3つの予防法務

    債権回収を確実にする3つの予防法務

  5. 差し押さえ(強制執行)

    差し押さえ(強制執行)

投稿日:

Copyright© 債権回収に強い弁護士事務所|あすなろ法律事務所 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.